« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

ジャックニコルソンすき

俳優のジャックニコルソン好きです

映画いろいろ見てて監督の名前は覚えとくけど

俳優の名前覚えたのは初めてだ

この人のなんかこう・・変人的なところとかすき

若い時のかっこいい役もだけど

年取ってからの情けなかったりする役がすごくすき

ただかっこいいだけの人ならいくらでもいるわけで

やっぱりこの人はそれだけじゃないのがある

そう

そうなんだ中身なんだ結局

この前ファイナルファンタジーのニュースでもあったけど

ビジュアル面とか非常にどうでもいいのです

そうだ思い出したけど

flash始める前

すごいかっこいいアニメとか

スタイリッシュでオサレなMGとか

見ても「へ~そうなんだ」で終わってて

その中でダークスさんの見て

「こういうの作れるのか!!」って思ってmx買いにいったんだった

ダークスさんのふらっすには

こう・・見た目のデザインとかかっこよさとかだけじゃないのがあるんだよ

なんか・・こう・・

情けないけどすごくかっこいいっていうか

中身がかっこいいんだ

うん

つまり思い出をありがとう何回も聞くのは歌詞がいいからってことだね☆

いみわかんないね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

うあーい

自分コミュ力なさすぎわろた

ずっと喋ってないと声が出ないって本当なんだね

昼夜逆転生活だとてらねがてぃぶになってしまうから

特にこの前の日記書いたときとか久々にやばかったいろんな意味で

うん

とりあえず何もしなくても早く起きて寝るようになったよ

そしたら何もしてないけど確かに元気

あーくそ何もしてないけど充実してるなああ

こーころは充実☆

今回の耳すまはそんなこなかったな

背景ばっかずっと見てた

パソコンもやる時間減ったなー

最近flash分が足りない

面白い動画みてないのよー

うんやっぱ元気は大切だな

早く起きたらすることなくて

高校のときのもの整理してたら泣きそうになったけど

でも多分大丈夫

今の僕ならうまくやっていけるの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

うああ

ここ一、二ヶ月くらい家族以外の人と話してない気がする

むしろ家族とも話さない気がする

なんだろ・・まずいな

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

今敏オールナイトいったよおおおレポ

2/16 新文芸坐アニメスペシャル(3) 『パーフェクトブルー』Blu-ray Disc 発売記念 今敏ナイト
http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html

これ行きました

劇場入ったら9割くらい埋まっててさすが人気ですなあと

あとテクノの人のが大音量で流れてて興奮した

この前よりカップルとか少なくてまぁいろんな層の人がいました

外国の方もなんかグループでいましたさすが

トークショーも面白かったよー

・熱あったけどバファリン飲んできました
・パーフェクトブルーは今思うと演出が荒っぽいというか前に出すぎててパプリカはさりげなく出来たとか
・編集楽しい
・↓のオハヨウの部屋はパーフェクトブルーの主人公の部屋とまったく同じらしいです(10年後?って設定)
・今さんのコンテは非常にきっちりと描かれているのですがそれをそのまま原画にするのは素人で、原画さんはそれをさらに高めていくのが役割、コンテは最低ラインらしいです
・基本的にキャラに愛が無い、感情を入れない
・作品に自分が出すぎてるのは気持ち悪い、自分がこうしたいとかこうありたいとか・・・少しくらいもれてるのはいいけど

そういや一番自分が出てるアニメってやっぱエヴァかなあ・・とか思ってた
・なので「パンツを脱がない演出家」とか
小黒さんが「最初に「あ」のつく人がそんなこといってましたね」とか聞いてあーやっぱそうなんだと思った
・作品作りはすこし作品と距離を置いてやってるそうです

途中でゲストとしてアニメーターの鈴木美千代さんが来ました

http://www18.atwiki.jp/sakuga/pages/520.html

アニクリ15 「オハヨウ」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1812467

の作画とかPBの二人のダンスとか東京のろくでなし歌うところとか代表的なあれらしいです

作画マニアが喜ぶようなのではなく地味なシーンをうまく描くそうです

そんなこんなで他にもいろいろあったけどトークショーは終わってパーフェクトブルーの上映

前一回見たときはあんま感じなかったけどこれはすごいなななななな

たしかにこれは注目されるわー

いろんな意味で斬新過ぎる

アニメでもこういう人が作ればちゃんとした映画というかなるんだなぁ

カット割りというかレイアウトというか音の使い方()とか実写的なのをアニメにうまく持ってきた感じ

絵はやっぱり少し古く感じるけど作画もすごいす

これは感動した

んで確か次は東京ゴッドファーザーズ

これは一回目でもすごく楽しめた記憶がある

いあー今見るとこれ作画すごすぎワロタ

つねに表情とか動いてるし・・でも崩れるわけでもないしなんだこれ

展開もおもしろかった

今回一気に見て絵柄も変わってくなーと思ったけどこれのが一番好き

パプリカの絵は綺麗になりすぎというか攻殻のIGっぽい感じした

パプリカは二、三回目でやっと展開がわかった

あーなんだ結構分かりやすいじゃん・・今から夢に入るとか入らないとかちゃんと言ってるし

これ最初見たときどのセリフが理解しないとだめでどのセリフがいらないのか判断に困ったけど

展開が分かるとすごく面白いじゃないかこれはあ

ラストのエンディングロールが流れるときやっぱり腰が抜けてしまったふへあ

やっぱり劇場で見れて良かった

どれもすごくて興奮して感動したわー

眠かったから途中で寝ちゃうかなーとおもったけどそんなことなかった

うおあー面白かったー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

あーいむどりーみんぐ

トップしばーらく変えてなかったので変えました

結構変えるかーと思っても思うように描けなくて諦めることも多いよー

これ・・なんだっけ構成みたいなのはある映画からのトレースです

0から描くのって結構大変

flashだと結構ごまかせるけど

絵だとあれだもんなー

なー

無駄に四日くらいかかった

あーでもなんとか終わったなうん

これだけで疲れてどうする

サイト名いれなかったのはわざとですよーう!

よーうよーう!

いや実際何もしてないけど

なんか・・こう

宮藤宮九郎の脚本みたいに

人生というか日常がすすんだらなぁ・・

とか思う

ぎゃあああああ22日についに来てしまった耳をすませば

これは・・祭の予感・・・・・

それとまた素晴らしい映画監督に出会ってしまった・・これは衝撃

その内それについて書くかも

あれえもう二月始まってるよやばいよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

あああいきるのたのしいなああちくしょおおおおおお

そうかあ

朝からすごく気分が悪かったけど

それを見て急に晴れました

あああなんだろこの・・

幸せを感じたときの爽快感に似ている

そーかあ

もう視姦するのはやめるよ

喪失感とか言わないよ

終わりにしようっと

ああーすっきりした

非常にいい気分だああ

今日一日は非常にご機嫌ハッピーでした

次はもっと独りよがりじゃないのにしたいなぁ

いつくるかわかんないけど

あーたーらしいーであーいにー

きーぼーうとか いだーいてー

まーえーむきに ずぶーとくー

いきたいのです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

わーい二回目の朝帰りですぅ

これ
http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html
の原恵一監督オールナイト行ってきました

トークショー+河童+オトナ+戦国というまさに原監督祭り

もちろん全部何回も見たことあったけど劇場で全部みれるってのはすごいですぅ

夜の池袋(居酒屋→変なお店→居酒屋→・・・)にびくびくしながらいきました

会場はなんかオフ会の雰囲気に似てた

自分みたいなへんなひとはアニメイベントにしては少なくて

夫婦とか親子とかカップルとかカップルカップルばーかばーか!!!

トークショーはまぁ大体聞いたことある話でした

↓スレから転載

748 名前:名無シネマ@上映中[sage] 投稿日:2008/02/03(日) 07:27:30 ID:5mNKnRug
結構毒吐いていたな
はじまって早々クゥの興行成績はそれほど酷くなかったとか
萌え系アニメは最悪だとか
萌え系は作らないだろうが作ってしまったらそれだけお金に困っているのかもとか
ド根性ガエルや藤子F作品が好きで
アニメ専門学校時代に藤子作品を低く見るやつらに憤慨していたとか
面白かったけど、それほど目新しい話はなかったと思う

あとなんだっけ・・やっぱメモしておけばよかった

そうだ戦国のときに詳しく時代について調べるとき

調べれば調べるほど違ったことがでてきてどれが本当だかわからなかったそうです

クレしんのなかで資料を一番集めたとか

あーそうだあと芝山さんのドラえもんの魔界大冒険の絵コンテを見て影響受けたとか真似してたとか

エスパーのときは服の色とかも地味にしてたとか

河童はあえて宣伝しにくいようにしたとか

三丁目夕日は昭和30年だけどオトナは昭和40年ぐらいがモデルとか

まぁそんなこんなでした

てか劇場結構大きいな

人も結構多いな

それで河童の上映スタート

半分くらいの人が未見だそうで

今回背景いいなーって思って

たしか布団のシーンの次に夏の暑い風景のシーンがくるんだけど

そのときの夏の雲が凄すぎて感動した

あれはデジタルでは無理だろうなぁ・・でもあれはほんとすごかった

あとは水の表現だよね

あれは逆にデジタルじゃないと無理

よりリアルになったなぁ

ラスト近くに菊池という女の子がいろいろ言ったあとに

「何かへんな事言っちゃったね」っていうのが凄い好き

やっぱり後半の心の動きとその描き方が感動的

そのなかにひっそりとメッセージ性をこめる

いいなぁ

さわやかな感動ってこういうんだろうな

誰かが死ぬことで得られる感動とは違う

この人のすごいのはそれが今でも作れるからだと思う

DVDは春発売らしいです

今まで見た中で一番楽しめた

皆同じように監督のファンだからか

その次はオトナ帝国の逆襲

あらためて見るとこれはすごい

まったくといっていいほど無駄が無い

背景もやっぱりいいなー

昭和の商店街のシーン

背景地味にすごいんだけど町の人の動きもすごい

いきいきとしてて何人もの人を同時に動かしてる

技術が地味に生きているからこそのシーンなんだなぁ

あと昭和のガラスの・・なんていうか六角形になってるんだよね

すごい凝ってる

それと音楽

劇伴やね

いいんだよなーまたこれが

いいところだけでなくさりげないギャグ一つ一つにもあわせてある

戦国もそうだけどこれは普通に音楽として素晴らしいのです

サントラ買っちゃおうかな

そして既存曲の使い方も素晴らしいよ

物語ももちろんそうなんだけど

音楽とか作画とか背景とか全てのものが最高で

それを最高のやりかたでまとめたような

そんな凄い映画であり凄いアニメである

これは時期とか運とかタイミングもあるよね

そういうわけで奇跡の映画

まさにこれは自分の見てきたすべての映画・アニメの中で頂点に立つ作品

そんなこんなで感動して

次はラスト戦国大合戦

これまた背景が

ほとんど緑とか森とかなんだけど

やわらかなタッチというか

好き

背景はやっぱり実際にアニメみたほうが勉強になるなぁ

戦国のこのキャラデザと声いいなぁ

物語も・・・切ない

あとこれも作画凄いよ

いくらシンプルなデザインにデフォルメされているとはいえ

これだけのたくさんの人を動かすのは相当な労力だったろうなー

今までにこんな本格的な戦国アニメってあったろうか

というか一人ひとりの顔が・・シンプルなんだけどすごくいい

ちゃんと心もってそうっていうか

あと一対一の戦いのシーンもやっぱり手抜き無しのリアルな作画

こういうのがあったからよけいに物語を感じるんだろうなぁ

まぁそんなこんなで終わりまして(最後寝てる人結構いたなぁw)

帰り外でたらもう雪でした

ああ・・サインもらえなかったよ!

とかいいつつ雪ふみふみしつつ帰って寝た

**レポおわり**

手塚治虫の「全作品」が合法的に二次利用可能
http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000189.html

なんと!去年からやってたのか前々知らなかったぞ!!

他の漫画家とかだったらあれだけど手塚さんのだしなーやってみたいなー

でもこれってどのへんまで使っていいのか良くわかんないな

漫画をただ単にアニメにしただけでもいいのかな?

アレンジはしないと駄目なのかな?

せっかく面白い試みなのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

こういうのもありです

「ただしいおやこかんけい」まで作るのに使い続けてたパソコンが結構前にお亡くなりになられたので

新しいてらハイスペックなの買いました

たしかヴぃすたでメモリ2GでHDD200GであとHD画質なやつです

ブルーレイも見れるらしいけどもってないからいいや

でもまぁ正直スペックはわりとどうでもよくて

かいたてってことは

janeブラウザとか変なブックマークとかフォルダとか一切ないわけで

作業すすむのです

とりあえずwinampとふぉとしょえれめんつをいれました

あー液晶綺麗だなー

今日はどんくらいすすむかなー絵描けたらあっぷしますう

capsuleのアルバム借りたら

ふぁいぶすたぁもなんだけど

dreamin dreaminというのがいいなぁ

というかこのアルバムいいよ

メロディとかアレンジとかももちろんいいんだけど

シンプルながらなんか・・こう歌詞がいいんだなぁ

だなぁ

割とどきどきするんだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »