« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月22日 (金)

たまには真面目に映画の話から考えの話になるにっき

今月のキネマ旬報の

周防さんの小津論がおもしろかった

小津=フィックスローアングルのイメージを否定して

小津=喜劇であるといったあたり

「映画は読むのではない見るものだ!」っていう

あと0年代映画ベストみたいな本での誰かのコラムも

ノーランとタランティーノはたしかに新しく革命的だけどビデオ世代、ビデオ映画にすぎない

チャーリーカウフマンは奇想天外なアイデア+真面目にしっかりと作ったストーリーで0年代に相応しいかも

アレクサンダーペインは現代で古典的な人間ドラマをやったかんじ

で、結論としてその上で非常に重要な位置にいるのがやっぱりポールトーマスアンダーソン

アルトマンから受け継いだ部分や斬新な構図・テクニックはあるけど基本の人間ドラマはぶれずにしっかりとしている

(この人もたしか映画館や学校でなくレンタル店で映画を学んだVCR世代なんだよね)

それにスパイスとしてあるのが出来上がった完璧な脚本をいきなりぶち壊すところ

今年の震災のようにリアルでは予想もしていない非現実的ななことも起きる

だからアンリアルなことをかくのがリアルなのだ みたいな

そこはやっぱり今までにない気がする

というコラム

ここから個人的な話をすると

自分は洋画監督だとアレクサンダーペインとPTAがやっぱりすきです

それはーなんなんだろう?なんでだろう?って思ったら

結局ヒューマニズムとかそういう話になってくるんだと思う

そこが自分と似ているんだ

もちろんフィンチャーとかタランティーノノーランなどなど

素晴らしいテクニックはほんとすげえええええマネしてええええってなるけど

最近良く考えたらもっとシンプルでいいのかもなーって

作品見ればどんな人かなんて分かるもんね

アレクサンダーペインはその本にも書いてあったけど

本当に人が好きで好きでたまらないんだ

ただそれが暴走したりうまく伝えられなくて、表現の仕方が下手で

そこがユーモアとして滲み出てくる

コメディになりみる側の敷居が低くなるんだ

すごくうまいと思う

でも自分は この人はもっとマイナーな感じだと思っていたので

自分だけが偶然好きなだけかと思ってたんだけど

ちゃんと評価されててうれしかった

やっぱり見えない部分でのテクニックや脚本なんかもすごくうまいんだろうな

自分がまだ理解出来ないだけで

あとコメディでいったらファレリー兄弟のヒューマニズムもすっごくすきだ

一番新しいやつはあれ?って思っちゃったけど

検索したらでてきたページがあったので勝手にはりますけど

http://blog.livedoor.jp/faux_stendhalien/archives/cat_1324767.html

作品全体から伝わってくる人間愛の感じがすきなんですよねー

でもそれは今考えると乙武さんがtwitterで言っていることと同じで

自分が小学生のときにちょうど五体不満足をみたり あるいは藤子F不二雄さんの漫画が好きだったりしたので

まぁ当たり前の話なのかなーって思います

最近になってヒューマニズムって言葉で表せるようになってきたけど

この人間論?考えは学校で習ってきたことの中で一番大切なことなんじゃないかともおもうし

これからも一生変わらないんじゃないかと思う

そういう意味で自分が好きな映画をどんどん真似していけばいいんだよねたぶん

グロイの作りたいとか作るべきと思う人はそうすればいいし

希望なんてどこにもないって考える人はべつにそれでもいいよね

結局人の数だけ考えがあるし

そこに明確な答えがあったら誰も何も作ってない

多分そういう事なんじゃないかと

たまには真面目にかいてみました

おしまい

***

今日小中同じだった友達と小学校中学校らへんあるいて

平日午後だからまだ授業中で、なんかこう空気とか温度とかよくわからない音とか

そういえばこんな感じだった!って懐かしくなった

あと「この前同窓会いったら結婚とか子供いる人いて欝になった」とかいってたので

「仕事はないと生きて行けないから必要だけどさ 結婚とかそういうことは出来る人が普通って考えはおかしくない?皆すきでやってるんだから 好きで休みの日にゲームしかしないのも全然おかしくないでしょ」みたいなこといった

たぶん あってるんじゃないかと おもう たぶん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

( ゚ω゚ )←まっすぐと真摯に前を見つめる目

一昨日とかその前の日は

人生でいろんな人に祝ってもらえた日だと思う

twitterでおめでとうって言ってくれた人皆ありがとう・・

就職決まる前   → 不安で眠れない

就職決まったあと → あれはドッキリなのではと思って眠れない

( ゚ω゚ )

***

昨日は母と姉と六本木のシュルレアリスム展いった

正直美術館は作品より見ている人の反応が面白い

マドリッドだかハリウッドだかマグリッドだかグリフィンドールだか

そんな名前の人の絵がおもしろかった

あとわけわかめな形をしたオブジェで

題名が「不愉快な形をした不要なオブジェ」とかなんとか

そんなのがあって「あっ自分でいっちゃうんだ」って思って笑った

***

今日は研究室教授とか相談室の人とか就職課のひととかにお礼いって

留年した知り合いと一緒にバス乗って買い物して

これで学校にいくのも最後やなぁ寂しいなぁとかいいつつ

あっでもねこれ2度目なんですよね

4月前に「あと卒業式くれば終わりだな」って思って

いやもちろんその時就職できてなかったけど卒業する気でいたから

帰り道とか学内の写真とりまくったりね

その時だけでもいろいろあったなぁって思い出したりして

それで卒業式は中止になったけど就留することにして

今までと変わらずーにもう1年いく予定だったんですが

急に内定貰って来週から働くことになりました・・

あっもちろんうれしいです

先週まで就活交通費のためにバイトしなきゃとかいって

受けてそれすら受からねぇうわぁ(笑)とか思ってたのに

なんかもう人生何があるかわかんないよね・・

つまり運だよね・・

本当に最近そう思う

でも重要なのは宝くじは買わなきゃ0%ってことで

「運だからなにもしねぇ」じゃなくて

自分から行動して始めて1%になるんだなーって

何となく思った

念願の仕事を手に入れてもちろん嬉しいんですが

もちろん頑張りますが

なんかもう色々と受け入れちゃおうみたいな感じで思っている・・

1週間で「しごとつれーわ」っていって辞めるかもしれない

でも別にそれは自分できめたんならいいんだよね

今まで「既卒になってはいけない」「正社員でないといけない」みたいに

世間体とか常識みたいなのが一番て感じだったけど

べっつにいいんだよなーどうでも

今からお笑い芸人になるぜ!っていってYSC入るのもそれはそれでいいんだよなー

という

そういう感じで行くと楽になれる気がする

でも結局本当に自分次第というか

これは今度また詳しく書くかもしれないけど

仕事決まるまでの1年半はずーっと

ひたすら落ち込んでたり見えない敵と戦ってたり

たまにやる気になってみたりまた落ちたりを繰り返してたけど

今は風がさわやかだぜ!くらいの余裕だったり

つまり見たり感じたりするのは皆いっしょなんだけど

心でそれをどう感じるかは人によるっていうね

人間てこんなもんなんだなーって

あっこれでもよく考えたらエヴァ最終話の答えだね!!

あの作品はこれが言いたかったのね!

***

以下どうでもいい話

昨日ipodの年別聞いた曲プレイリストを聞いてたら

学生時代の色々を思い出してしまって・・・

このサイトの2007年の日記を見たら文が今もだけどひでーなーとか

やっぱりいろいろあったなーって思えてきて

こんな感じだったんだなぁ

そうそうそうそうそうなんですよ

1年の思い出>>>>2,3,4年の思い出 なんですよ

これって「小学生の思い出は楽しかった」現象なのかな

1年の時は本当に・・・

まぁ高校生のときずっと一人だったからってのもあるんだけど

入学でどきどきしてわくわくして

授業どんな感じかなーとかね

いろんな部活入ったり抜けたりなんかして

高校生の時は自転車通学だったので

電車+バスで「いろんなひとがいるんだなー」っていうのがあって

通学ですらたのしくて

音楽もこのころから歌詞とか含めちゃんと聞くようになって

でも家に帰ってflashをちゃんと進めて

(だいたい2,3時にねてるぽかった)

今思えば本も月10冊くらいは読んでたし図書館もいってたし

あと勝手にだけどだれかーを好きになったり

映画見だしたのもこのころからだった

ウエスタンとかキューブリックとか

土曜日のデッサン授業についていけなくてやめたり

夏休みは映夜祭のflashずっとつくってたり

毎日この日記も更新してたwくだらないことで

しかも不思議なのがモンハンやりまくった思い出もあるんだよなぁ

でも一番は毎日学校とかで挨拶してくだらない話して一緒に帰る人達がいた事

それだけのことなんだけど

多分幸せって言えたと思う

それだけをやっているだけであとは自由だし余裕があったし

多分(あと3年あるし)自分にはなんでもできる、なんにでもなれるって勝手に思ってたんだよね

でもこのときは本当に人間皆素晴らしい生きてるって素晴らしいって思ってたし

夕日とか朝日とか 雲とか空とかに毎日すげええきれえええええって感動してた

爆笑問題の人がいってたんだっけ?「灰色の世界に急に色がついた」って

まさにそんな感じ

で2年は部活でアニメつくりつつ映画見て

有名所からーヴェンダースにはまったりして

3年は映画見ただけなきがする

邦画みはじめてなんだ面白いじゃんって思って

4年は人生でいっちばん落ち込んだ自信がある・・

ほんとなにもしなかったよ負のスパイラルに入っていって

しばらく日記とかtwitterしなかったのもそれだったりします

あでもやけくそになった夏はすっごい思い出に残ったけどね

夏のあの暑い中 毎日意味もなく

おうりゃーーちくしょーーーーっていいながら自転車こいだ思い出はわすれん

夏はいいよね 今年も楽しみ

まぁここまで長々と個人的な思い出を語ってきたけど

書いたのは区切りをつけるためでもあって

あっそうなんですつまり昔はよかったでおわらさずに

またあの一年のころの気持ちに戻れたらなーって思うんです

それで思ったのが新しい環境とあとメガネかえたのがよかったのかなーって

メガネかえると(というか度を高くする)電車からの雰囲気とかもすごく変わって見えます

それに慣れちゃうとあれなんですけどね

今日試しにやってみたらたしかにすごい

あれだけ毎日見てた景色こんなんなんだーという新鮮さ

ビデオテープからHD画質ブルーレイになった感じ

横浜の次々とたっているビルが本当にきれーだなーって思った

まぁそういうわけでね

そうやって新たな気持で頑張ります

これからまた - になったり + になったりするだろうけど

ほんと何があるかは誰にもわからないんだから

今のところはそれを恐れずに

前向きにまたやろーっていう

そんな個人的な区切りの日記でした

おしまい☆

これからこのサイトとflashとかはどうなるかわかりません・・

でも作りたいのは次々と出てくるものであって

一年に一つ・・一日1カットでも進めていけば作れるんじゃないかなーと

がんばります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

(∪^ω^)わんわんお!←あらかわいい

(この日記は先週の日曜日に書かれました)

題名に意味はない・・

**たまには普通の日記**
夕方に起きる
選挙に行く
夕方くらいの段々暗くなっていく景色見ながら あと音楽聞きながら自転車のるのさいこー
普段何気なく聞いている曲も場所と合わさって記憶に残る気がする する
ホームセンターで変なごむを買う
隣の駅までいって(このくらいの距離が好き!)
母の誕生日のケーキを買って帰る
帰りにオレンジ色の光が遠くに見えてすごくきれいで
あれなんだろーっておっかけた まぁ中学校のライトだったんですが
まぁ なんだ 夕方いいよねって話です

**フラッシュ板の話**
フラッシュ板の話っていうかなんというか
twitterでフラッシュバトル→http://fbattle.com/
てイベントの最後やるってずっと流れてて
久々に懐かしくなって半分くらい見たんだけど
いいなーって思うのと同時にすごく切なくなったりもする
自分の中のフラッシュイベント?流れは
初代学園祭とか閃の時が一番自分(が見た)中で盛り上がってて
今から考えるとぐっちゃーって混ざってて
今でというとfrenzに出てる人とかニコニコで人気になった人とか
あるいはflash始めました!みたいな中高生とかフラバトに出てる人とか
そういうのがまとめてぐっちゃーって出てたきがする
まだ動画サイトって出てきてなかったのかな?AE使う人なんてほとんどいなかった気がするし
で・・なんの話だっけこれもう昔話はいいよおじさんの説教かよ

皆忙しくなっちゃったんだよね
それはよくも悪くも仕事も遊びも
小中学生がニコニコ見てたりして驚くんだけどそういう感じだったのかなデジタルネイティブ?
すごく短い間だったけどニコニコにいくまえに少しこっちに流れてきた、みたいな
でも今回フラバトの作品見てすごくなつかしいなーって
そのかんじがすごく好きだ

そうだその感じが僕は好きなんだ
手ぶれだらけの自主映画のような感じ
見ている方が「これなら俺にもできんじゃね?w」というあの感じ
そしてやってみるけどやっぱりダメで、できた作品はとても見れたもんじゃない・・っていう
あの感じですよね
あれが自主映画のサークルだとしたら
「卒業してからも俺やり続けるから、プロ目指すから」って方と
「昔こんなこと趣味としてやってました~」って方とにわかれるのかな
でもいつかはそうなって皆大人になっていくんだろなぁ・・みたいな
どっちが正しいとか無いよね
でもいつか皆で語り合えたらいいよねっておもうよ50年後くらいに!

そうそうtwitterでずっと作品見てたflash板の人が今もいて話を聞けるのは
なんだかすごく嬉しかったりするんだよね
変な話だけど3,4年制の学校の付き合いより長いわけだからね
東方ニコニコ初音ミクとかいろいろあるけどさ
なんにせよ今もがんばってるだなーというのが
生きているんだなーというのが嬉しいわけです
やっぱり出来れば動画見たいですけどねどんなジャンルでも

なんの話しようとしているのか自分でもわかりませんが
それひっくるめて認めちゃうのが好きだ
これは自分の青春論なんだけど
全然反応もらえなかった ろくでもない出来 コンテストでも入賞しなかったかもしれん
でもネットでこうして一生懸命つくって公開したってのは事実で
その場所がフラッシュ板だったということで
ネットのログ消えても「そんなことしたなー」っていうのは残るよね
それだけでいいっていうか・・・
自分で言っててわけわからん
つまりいろんな恥とかも含めて現実的なことも含めての青春てことさ!
青春とはこうあるべきじゃなくて・・・・じゃなくて・・そうやって認めたいのさ!

話をまとめる能力の無さよ・・

フラバトの参加者のHPが無いひとが多いのがなんか切ない
これで本当に見るのを最後になっちゃう人もいるんだろうな・・とか思うとよけいに
フラッシュ板の残ってるイベントって紅白だけかな?
書き込みも少ないもんね・・
そういう事を言ってるのが自分だけかもしれないのがさらに悲しい(己が)
皆現実と向き合っているというのに・・自分だけ過去に目を向けているあたりが・・

まぁ自分でもよくわからないのですがとにかく皆が一生懸命ね
本当に時間かけて作ったのはすごくいいなぁと思ったので以下感想とか


夕日色さん
これすごいな~gifアニメみたい。アクションて10秒でもやりたくねぇなぁって思っちゃうけど
これ相当長いアクションだよね・・何ヶ月も暇を見つけてずっと作ってたんだろうなぁ・・本当に人少ないのが悲しい
よくみたらカメラもすごい動いてて迫力でてるなーかめらうごかすのめんどいんだよね
http://gedougisi.yu-yake.com/flashB64Final.html

山さん
いろんな人の名前を見るだけで懐かしさが・・いろんな思い出が・・
初めの桜の木下で花見してるAAがフラ板の祭りっぽくていいなーと思ったら全部祭りに関係してるAAなのかな?

http://download2.getuploader.com/g/4da05ff1-e9ec-4fa3-bc89-27f5b63022d0/second/32/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%81.swf


スイさん
これいいなああー最後の方の電車のホーム、あれ奥が海になってるのかな?
夕日がすごく切なくて綺麗に見えるのは、印象的に見えるのは絶対に物語の力だと思います おまけもいれちゃうサービス精神いいね!

http://swfup.info/view.php/0590.swf


アマツさん
懐かしい音楽と懐かしいAAキャラが動きまくってるのみれてうれしいよ
最後まで手を抜かずアクションの連続で、一つ一つの動きも丁寧に書かれててすごい!
よくこれ作ったなぁ・・どれだけ時間かかったんだろう

http://2nd.geocities.jp/ez_uhp/amt/finalbattle.html


自虐列伝ポン太さん
絵もフラッシュブラシのよさがでてていいね!キャラ可愛いです
字の(ブラシ手書きなのがグッド!)出し方も飽きさせないように工夫されていてそれだけで笑えるw
というかこれ何時間で作ったんだw
http://fbattle.com/cgi/up/src/up0113.swf

青い風さん
時々リアルになるところとやぶさめに笑ったw
「なっ、最後っぽくないだろ?」は、はい・・・たしかに・・。

http://swfup.info/view.php/0589.swf


みぃさん
この音楽は何だろう・・ピコピコと早送りしたような声、、癖になるぜ・・
でも展開がしっかりしててラストの夕日を見上げるところ、音楽と同時に盛り上がっててうまい!

http://ichiba.geocities.jp/mii_ronifa/FB_FINAL.html


迷宮開発さん
3月の地震以降ずっと目につくのは地震のことで、それで意欲がなくなるってわかるなぁ
すっごく暗くなっちゃうよねどうしても
こんな大変な中で・・苦労している人がいるなかでこんなことやってていいのかとか
作り終える前にあっさり地震来て死ぬんじゃないかとか
もちろん考えたところで仕方が無いのはわかってるんだけどね

この前twitterかなんかで流れててみたんだけど

http://naokitree.blog33.fc2.com/?mode=m&no=129

自分の中でひっかかってたのをうまくいってくれた感じ
そうなんだよね、5人死んだ!より5000人死んだ!のほうがうわー大変だ とか思うけど
実際には数じゃなくて一人の人生が終わった それが5000回あったってことなんだよね
アタリマエのことなんだけどさ
ニュージーランドの地震のときとかほとんど関心なかったし聞いたことあるくらいだったし
遠くにいると、遠くの人だとそういうことも麻痺しちゃうのかもね

http://shirogumisya.ifdef.jp/fbfinal.html


NRF(ナリフ)さん
flashてアクションゲーム多いけど当たり判定とか簡単にできるのかな?
100回くらいやって100回くらいステージ3で死にました・・・・・・
でも走るとき、ジャンプするとき、落ちる時で髪のゆらゆらアニメちゃんとかき分けてあってあってすごいなー

http://nrf-flash.sakura.ne.jp/flash/fbaction.html


MATTAさん
え、これ自分で演奏して歌ってるの!?うまいなー
音楽で言うとなんだろう・・ブルーハーツとかモンゴルなんとかっぽい感じなのかな
作詞作曲どっちもできるのってやっぱりすごいなぁ
音楽の歌詞の力ってすごいよね それに映像が合わさるとさらにつよい

http://swfup.info/view.php/0588.swf


AZ FLASHさん
フラバト全部みてたわけじゃないけどタイトル見るだけでなんか懐かしくなってくるなー
かわいい感じのflashとかなんかすごく覚えてる
過去よかったなで終わらず、明るい雰囲気で前をむく視点がいい!
「あの日々にはもう戻れない でも全ての作品に価値があった」っていい言葉だよね ホントそうだと思う

http://azflash.net/az/fla/flashbattle.htm


イズさん
これはものすごくつくるのに勇気がいっただろうなぁ・・
わざわざ作ってた動画をやめてこれを作ったのか・・
助かる場所も有限、て言葉はたしかに、残念ながら実際そうなんだよね、悲しいことに
それから今回のことで「本当にそんなあるのかな?」って思ってたことが実際にあるんだってわかった
圧力で専門家の意見も曲がっちゃうんだなーとかね
テレビもネットも、全て正しいなんてない、どれを信じるかの判断はいよいよ一人ひとり、自分自身になってきたんだなぁと たぶんその意味での「考えよう」なのかと思う
制作をやめた元動画も見たいなぁ、是非完成させて欲しい!

http://2nd.geocities.jp/ez_uhp/311.html


牙さん
一度わーって盛り上がったものが衰退していく、忘れられるって悲しいよね
オルゴールがせつねぇよちくしょう・・
ラストのキャラにゆっくりと色がつくところ、書いたものに命が宿るかのように印象的でいいですね

http://movie.geocities.jp/kameraman1111/final.html

運営のエターナルさんもお疲れ様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »