« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月 9日 (月)

好きなもの褒めるシリーズ1 パルテナの鏡

今までは割と人の作品にケチばっかつけながら見ていたところがあったので

考えを改めて

これからはもっと素直に

いや意識していいところを見つけていこうと思う

粗探ししながら見ても何もないと 一年くらい前に気づきました 遅い

音楽や映画や映像や漫画や現象やお菓子やゲームなどを

とにかく感動したものをひったすらほめる

くそほめまくる

絶賛する

そんなシリーズにしたい

週一日月二くらいで書きたい

人が絶賛してるのを見ると自分も体験したくなるやつ そして後悔するやつ

どっちでもいい

☆今日は「パルテナの鏡」についてほめます

パルテナの鏡というのは3DSのソフトです

今のところ3DSで感動したのはこれとマリオ3Dランドだけですね

本当にびっくりした・・これは

任天堂HPにある社長が訊くコーナーみてて面白そうだなって思ってポチったんだけど

箱開けるとなんか変なスタンドがついてくる

これがすごく便利、これあるとなしでは操作性別ゲームくらい違う

iphoneとかも載せれます なぜ単体売りしないのか

ソフトを起動してみる

ステージ1をやってみる

なんじゃこりゃあああああああああああああああ

とにかくびっくりする

えっなにこれ空飛んでるんだけどえっ

この衝撃なんだろう、マリオの時に感じなかったのはなんだろう

マリオのクッパステージがずっと続く感じ(あれ本当にびっくりした

しかも下画面で少年とお姉さんがずっとその間、音声入りでしゃべってて(もちろん上画面と関係ある話

それが没入感?というのか を高めている

ここが大事なのかもしれない・・エースコンバットの体験版ではここまで驚かなかったし

これ何かに似てる・・そう!!

これディズニーランドのアトラクションなんだよ!!

ジャングルクルーズのテンション高いお兄さんがやるやつなんだよ!

USJのスパイダーマンのあれなんだよ!

「大変右を見て!」→カメラが動いてそっちの方向に何かがある

字で起こすと全然面白くないけどこれがかなりの驚きだった

あのー

今ゲーム実況動画とかあるじゃないですかyoutubeでも検索すればプレイ動画でてくるわけで

じゃあもうそれでいいじゃん、やらなくていいじゃんって人もいると思う

時間もお金もないしゲーム下手だしみたいな

そこで3Dだったんですね

食事以外はネットで落とせるなんていいますがこの3Dの体験はネットで落とせない

このソフトやってやっと任天堂が3DS出した意味がわかったというか

この驚きのためになら新ハード出したのも納得ですわ

アバターを映画館で見た時の衝撃の三倍くらいですわ

いやもうこれゲームじゃない気もする

なんか本当に新しい・・「何か」かもしれない

小さいときドラえもんを見て、いつになったらこんな時代が来るのだろうと思ってたけど

やっとその一つが来た・・そんな感動(iphoneとかインターネットもそのひとつだけどね)

ステージのバリエーションが多くて毎回本当に驚く

空、海、海中、砂漠、宇宙、だまし絵、モーショングラフィックスみたいなステージ・・

あと下画面の掛け合いのぎりぎりのバランスもすごくいい

ちゃんと健全なんだけど、でもたまにちょっときわどいときがあったりして

小5~中1は絶対好きだと思うな

これすごく大事

(というか単に自分が好きなシチュエーション

自分が子供の時にやりたかったのはこういうゲームなんだよ・・

小さい時の「ぼくがかんがえたさいきょうのげーむ」を本当に実現してしまった

ゲームクリエーターって少年の心忘れねーなー本当に

欠点をあえて言うとつかれるとかですかね

でも一日位置ステージとかでちょっとづつできるようにもなってるし

そんなに問題じゃないと思う

あと空中戦の衝撃が強くて地上戦やりたくなくなるとかですかね

それとこれは直接は関係ないんですけど

ちょっとゲームの値段もっと上げたほうがいい気がしますけどね

ボリュームもグラフィックも満足なのはいいんですけど

その分1つのソフトに対するプレイ時間が大きくなって全体の売上減ってるとかは無いんですかね

モンハンとか2万円くらいでいいと思いますけど

子供だけは4千円とかで安くして

最近、いいものにはもっと金払いたいなぁと思うんですね

いいもの作った人がもっと儲けていい思いして欲しいというか

映画音楽アニメも全部

それくらい感動できるコンテンツが世の中に腐るほどある

嬉しいなぁほんとに

いっつも思いますもん

197,80年代とかの邦画に出ている若者

走ったり喧嘩したり学生運動したりバイク載ったりしてるけど

いやいや

何時の時代もそんなやつばっかじゃないだろうと

外に一歩も出たくない人とか 現実世界で窮屈な思いしてる人とかぜったいいるだろうと

そういう人はネットもニコニコもなしに

マンガやアニメもなしに何をしていたのだろうって思うんですよね

だから今すごく嬉しいですね

電車でゲームしてる人、アニメについて語ってる人、漫画読んでる人もいる

そしてそれに対してとやかく言う人がいない

あとサイゼリヤで6人ぐらいのメガネかけた、何やら荷物を色々と持っている人たちが

「今月ピンチでもうサバゲーに金使えねーよ」「まじかー」とかいってたりして

こういうの見るとやったああああああああってなりますね

すっごいうれしくなる

もうこれ革命ですね

意識革命です

若者の勝利です

そして僕も学生時代にそういうグループに入ってそういう会話したかったなあああああああああああって思って

泣きたくなりますね

おしまい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »